ギャップイヤー・プラットフォーム(GP)第3回担い手会議 議事録

20121025@東京都新宿区 NICE全国事務局)

<出席者>

池田誠             財)HIF(北海道国際交流センター) 事務局長

伊藤健志          立命館アジア太平洋大学 東京ブランチ課長

宇梶朋子          特活)ICYE Japan(国際文化青年交換連盟日本委員会) 事務局長

開澤真一郎        特活)NICE(日本国際ワークキャンプセンター) 代表

北見靖直          国立青少年機構 指導主幹

鬼頭豊和           特活)ICYE Japan(国際文化青年交換連盟日本委員会) 理事

熊崎惣太          特活)地球緑化センター 専従職員

砂田薫             JGAP(日本ギャップイヤー推進機構協会) 代表理事

直井友樹          特活)NICE(日本国際ワークキャンプセンター) 専従職員(中長期事業部 主任)

原 卓矢             特活)ICYE Japan(国際文化青年交換連盟日本委員会) 会員

山口紗矢佳        特活)NICE(日本国際ワークキャンプセンター) 専従職員(グループ事業部 部長)

山代真希           特活)ICYE Japan(国際文化青年交換連盟日本委員会) 専従職員(受入担当)

その他                省庁関係者 

<1.ギャップイヤー白書について>

・北海道洞爺湖町で20年間GY受入。子どもたち英語演劇。若者の成長だけでなく、地域に対してのインパクト。
・初めからこのプログラムは若者育成目的であるということだけをあげていると、事業の発展性に制限をかけることに。
・自由に取れる環境作りなのか、中身にこだわって推進していくのか。そのような基準を果たして作れるものなのか。

・別府の例。実際に日本に来ている留学生を取り上げることには大賛成。9月入学で400人。インドネシア・ジャカルタで面接。
 なぜインドネシア大学ではだめなのか、それに対して明確な答えを持っている。
 「大臣に!」国のことをきちんと見ている若者。卒業後は東京で働いている。
 1300人、日本人は3割。多様化、受け入れているが大変なことはない。みんなで支えあう。

・日本人、何かのためにしたいという学生。どんなに制度を作っても、「空気」がないと始まらない。興味がないと読まない。
 親から止められ、学校は責任取れないと言い…GY始まったら、親の負担が増える⇒衛星で流したところ、「日本では親が払うのか」
 

* 共通するのは、受入側にとってのインパクト。白書にも外せないポイント。

 

<ターゲットと目的>

☆質と量の向上:より多くの人が!+中身も問う(マイナス成果もバランスよくのせる。)

ターゲット

目的

若者

もっと参加してもらう

学校

 

もっと推進してもらう

企業

政府

地域

もっと受入してもらう(外国人・日本人)

 

<他の重要なポイント>(小グループでのアイデア出し)

○阻害要因をどうクリアしていくか、数字を盛り込む
○グローバルチャレンジをしている点をどう面にしていくか
○期間を区切って、2012年度版。成果物を作る。
○文章の長さなどフォーマットを作る。

○項目別の章ごとに担当者を決め、執筆。
○まずはデータで作成し、資金次第で冊子化する。
○体験の紹介だけでなく各ステップの手引きにも(成果シートetc…)

 

○「ギャップイヤー=善」に立たず、客観的なデータを。
○スピード重視で簡単に、骨組みはしっかり、肉付けはおいおい
○メニューの多様化。偏りなく、さまざまな事例を選択肢として伝えていく。 

○若者学生に限らず、福生市やリクルートの休職制度も
○評価の難しさなども。提言の紹介は有り?

○入学、卒業のサポート。1年生の時就職を心配している学生は、やはり就職が難しい。みんなと何か違うことをやっていると、それだけで企業から注目されることも。
○ギャップイヤーを知っていますか?というアンケートなど。英国のケースなどをコラムで紹介。企業に聞いたり、手間はかかるが。白書という名前で「その年の実態」。
○テーマ別に発行することも。ただし、第一巻は包括的なトピックも必要なのでは。

○ベースでは数字を紹介。特集などで、その年のデータを。
○大学の入学延期制度を利用しているのは(英)1割(米)10.7%
○データというよりはテキストが求められているのかも。

○いろいろな形でやっている大学もあるが、全体では把握しきれない部分も。自己責任、ということが日本国内で社会に認められていない部分が難しい。
○ドイツでは徴兵制の代替として社会貢献活動が選択できた。その流れがGY参加へ繋がる。
○留職なども推進したい。

 

<作成スケジュール>

1025日:第3回研究会(ブレスト)
1122日:作業部会で構成の原案を作り、全体メールへ

1129日:第4回研究会で構成を決定。役割分担(各章を誰が担当するか)。
1220日:第5回研究会で中間報告。
0228日:完成(予)

  

<統計資料について>

○地球緑化センター『農山村再生若者白書』。データを取るのが難しい部分は、参加者の声や寄稿なども。
○生産性本部、など?新入社員全体に聞いているアンケートは?
○産能大、若者の実態調査など、参考になるのかも。

  

<2.今後の活動案>

○白書を出して、問題提起した後フォーラム:受入側を招いたフォーラム:ターゲット別フォーラム
○キャラバン、元気のよい学生を中心に「学生から呼んでもらった」という企画を。学生会館などを使う。データ収集も兼ねる
○若者向けのレポート集、web、ビデオなど(白書とは別で。既存の団体とは重複しないように)
○春のイベントなど(アースデー)に出展をする
GY世界会議、GY見本市も


ミーティング予定:

1129日(木):第4回研究会産官学民各ステークホルダーに対しての包括的提言           +フォーラムの分担・企画 
1220日(木):第5回研究会 プラットフォームのあり方、認定制度(何を認定するのか、奨学金など)

20135月 キャラバン、その後ギャップイヤー大賞も?

以上