日本ギャップイヤー・プラットフォーム(GP) 第1回担い手会議 議事録

2012年8月16@東京都新宿区のNICE全国事務局) 

<出席者>

池田誠          財)HIF(北海道国際交流センター)               事務局長
開澤真一郎      特活)NICE(日本国際ワークキャンプセンター)    代表

砂田薫          JGAP(日本ギャップイヤー推進機構協会)          代表理事

辻陽一郎        特活)NICE(日本国際ワークキャンプセンター)    広報部長

長瀬慎治        UNV(国連ボランティア)                 東京事務所 駐在調整官

山口紗矢佳      特活)NICE(日本国際ワークキャンプセンター)    グループワークキャンプ事業部部長
その他            省庁関係者

<どのように成果を測定するか>
・成果を計る共通の指標(モデルフォーム)をGPで作るか?
・個人に対しての評価に視点が行きがちだが、地域社会に対してのインパクトも考慮の対象にする。

<産官学民連携について>
・学長の権限で入学時期を設定/ギャップイヤーで数学力が落ちるという意見もある。
・大学への進学が決定した高校三年生への待遇として、卒業前制度を検討中(京都・私学)
・ギャップイヤーを“休学をして臨む”のは日本特有の考え方。
・イギリスのギャップイヤー保険は40歳まで適応。あるいは、リタイヤしても(高校~大学、大学~就職、転職中)
・日本再生戦略:「ギャップイヤーの再生」「グローバル人材」という表記が
 キャリア形成に重要であると捉えられている。

GLAC(グラック:Global Activity of Japanese)参加者への総括方法。
 学生が海外で働く経験を重ねる際、自信の体験を言語化するプロセスを非常に大切に扱っている
・海外経験者(協力隊など)が経験を活かせる場づくりは、
 行ったはいいが、就職先が決まらないという若者。人材育成としてどう理解すべきか。
UNVの日本人は年間約100名。国際協力に関わりたい人。
JICAの現職参加制度では、給与の補てん制度も整備されている。自分の居場所を作ってから
 参加しないと、帰国・復帰した後に職場になじめないという話も。

 

<社会的基礎力>

・テーマを掲げながら、全国大会まで実施。
・「アクションラーニングサービス」「プロジェクトベースドラーニング」とギャップイヤーの違いは 
  
“参加者が親元を離れた状況であるかどうか“
・他の人と比べて自分で自分のことを説明できる、周囲との関係性を構築できる人物
・根拠を持って表現できる自信がある人物
・新人への期待(自分で考えて主体的に動く)→注目社員はJICA協力隊出身だった

 

<目標の設置>

・ギャップイヤーへの認知は進んできている。ギャップの先にある目的は。
・就職(キャリア)との関連性は?

 

<発展について>

・ギャップイヤーという制度をどう伸ばすか。それにはやはり評価が必要。
・企業がどうとらえるのか。
・新卒一斉採用の雇用慣習:より多くの若者を社会へ出すという長所もあるが、短所も
・留学等の経験のある若者を特異なものと見ない採用方法。公式に認知させる必要。
・通年採用(日・外)に切り替えようとしている企業も
2010年新卒採用数(人気企業100社合計)2万人/新卒者数は45万人
・大学の中では本来何を求めているのか(キャリアセンターなど)

 

GPの今後について>

情報交換(団体・セクター)

共通ツール・研究会

提言(実現への効果的な活動。提出先は?)

認定、定義

広報

連携・プログラム作り

・3:提出先について 

・経済産業省:産業人材推進室(フロンティア人材等も)
・文部科学省:窓口はいくつかあるのではないか。
・厚生労働省:キャリア教育には予算が(卒業後の未就業者、サポートステーション等)
・外務省:連携研究会“NGO研究会”

・将来的にはギャップイヤー世界大会の実施を!(インド:ドロップイヤーの例など)
・ギャップイヤーが盛んな国と日本の差を研究。行間を丁寧に埋め、意義の理解・普及を推進する(イギリス:エディンバラ大学の例など)
・イシューを決めて、深めるシリーズ。レジュメ形式。参加者は広く呼び掛ける。(例:大学における課題、などトピックを設定)
・結論を出すべきかどうか→GP研究会の参加者が、それぞれ腑に落ちるものを共有できればよいのではないか。
・経団連からも参加者を募るのもよいのではないか。
・まずは、フォーラム登壇者を中心に研究会を定期開催。

 

<次回日程>

20120927日(木)1830-第二回担い手会議 1900-GP研究会①
20121025日(木)1830-第三回担い手会議 1900-GP研究会②
20121129日(木)1830-第四回担い手会議 1900-GP研究会③
20121220日(木)1830-第五回担い手会議 1900-GP研究会④